×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOMEDIY店作り

DIY店作り

めでたく本格独立する環境がととのっても重くのしかかる店舗の工事費用・・・なら自分で作っちゃおう!
フラッグテールグループの春日井店・岐阜店はオーナーが自力で工事したとってもDIYなお店なんです。

DIYでやるかプロに頼むか

自分で工事をするとなれば当然、プロよりも時間がかかります。工事をしている間も家賃はかかるし収入はありません。材料も大量に仕入れるわけではないので割高になりますし出来栄えはやはりプロには及びません。そういったことも考慮しDIYの場合とプロに頼んだ場合とのコスト(金額・時間・手間)を比較しておくことが重要です。

DIY店作りのコツ

サンプル画像

DIYでやるべき所を見極める

クロスや床材(クッションフロア)の貼り替えはプロに頼んでもそれほど高額ではありません。一方、トリミングルームと接客スペースを仕切る壁等の造作は高額に感じます。貴重な時間を使うのですからコスト削減に効果的なDYIをしましょう。

サンプル画像

自分でできるデザインを考える

例えば全面ガラス張りのトリミングルームなどは技術的にDIYでは難しいですが、ウッディーなカントリー風なトリミングルームなら仕上がりが多少荒くてもそれはそれで「味」になります。照明なども天井埋め込み式のスポットライトは面倒ですがライティンレールを使って吊り下げ式のスポットライトにすれば工程はグッと簡単にできて効果もほぼ変わらないモノになります。このようにDIYが生きるデザインまた、難しそうなら自分の技術でできるデザインを考てみましょう

サンプル画像

設計図を描く

行き当たりばったりでは材料の無駄または不足も多くなります。プロに頼むか自分でやるか決める前に専門の製図とかでなくノートに手書きで充分ですので自分なりに設計図を描いて必要な材料の価格や入手方法などを検討しておきましょう。

・・・でお店を持つには総額いくら?

ここではフラッグテール春日井の店舗取得・改装時の実例を紹介します。
総額・・・1,565,800円です。軽自動車並みです。
お店を持つとなると何百万もかかるイメージがありますが、工夫次第で安くできるものです。軽自動車並みのお店ってどんなん?とお思いの方はフラッグテール春日井のHPにて店内画像をご確認ください。そんなに酷くはないですよ?

DIYでやるかプロに頼むか

自分で工事をするとなれば当然、プロよりも時間がかかります。工事をしている間も家賃はかかるし収入はありません。材料も大量に仕入れるわけではないので割高になりますし出来栄えはやはりプロには及びません。そういったことも考慮しDIYの場合とプロに頼んだ場合とのコスト(金額・時間・手間)を比較しておくことが重要です。

フラッグテール春日井オープン時の詳細大公開!

サンプル画像

店舗物件の選び方

改装費用を抑えるには、そもそも改装をあまりしなくて良い物件を選ぶのが一番!で選んだのが事務所として使われていた物件。カーペットを掃除しやすいクッションフロアにしてトリミングルームと受付を隔てる壁を作れば最低限OKで広いこともあり即決でした。店舗取得費用 525000円(駐車場別)

サンプル画像
サンプル画像

店舗外観

外観はほぼそのままです。不動産屋さんの看板を撤去した跡が目立ったので看板を大きめなものにして隠しました。それでもまだ撤去跡がはみ出していますが今のところそのまま(汗)看板(設置費用含む)200,000円

サンプル画像

DIYした箇所と費用

画像は工事中のものです。トリミングルームと受付を隔てる間仕切りの他に隣家側の壁は防音と防汚(バスを設置)のため二重壁を作る事にしました。画像で木目のところがDIYしている箇所です。材料・工具代 190,076円

このページはまだ工事中です。続きは次回更新(時期未定)をお楽しみに
このページのトップへ